アンチエイジングに効く美容注射

アンチエイジングに効く美容注射

アンチエイジング治療として美容注射や美容点滴をする人がいます。
美容注射や美容点滴は、美容剤を効果的に体に取り込むことができます。
ビタミンCは食事やサプリメントでたくさん摂取しても、結果中濃度はたいして上がらずに体外に排出されてしまいます。
でも注射や点滴で直接血管に入れてしまえば血中濃度がしっかりと上がるのです。

 

美容情報参考サイト⇒フェイシャルエステ名古屋口コミ.biz

 

 

プラセンタ注射

 

プラセンタの中には十数種類のアミノ酸、各種活性ペプチド、ビタミンB1、B2、B6、B12、C、D、E、ナイアシン、カルシウムなどのミネラル、そして100種類近くの酵素や核酸などが含まれます。
プラセンタ注射による液体できる効果は数多くあります。
肌に対しては美白、保湿、にきび抑制…

 

更年期障害の症状を和らげたい肝機能を改善したりアトピー性皮膚炎の改善や免疫力アップにもつながります。

 

美白…シミの元であるメラニン色素の生成を抑えてシミやくすみを取ります。

 

保湿…高い保湿力で長時間肌をしっとりさせます。

 

細胞の再生…ダメージを受けた細胞を修復して新陳代謝を高めて皮膚のターンオーバーを正常化して健康な肌を作ります。

 

コラーゲンの生成促進…年齢が進むとともに低下するコラーゲンの生成を促進して弾力のある肌を作ります。

 

血行促進…血行を促進するので冷え性を改善します。

 

抗酸化作用…老化の原因となる活性酸素の発生を抑えます。

 

抗炎症作用…ニキビや赤みかゆみなどの炎症を抑えます。

 

免疫力アップ…免疫力を高めて体を強くするとともにアレルギー反応を抑えます。

 

肝機能促進…肝機能を高めてB型肝炎やアルコール性肝炎を鎮静化します。

 

更年期障害の改善…更年期障害の諸症状を緩和します。

 

アトピー性皮膚炎の改善…保湿力アップと抗アレルギー作用によりアトピー性皮膚炎を改善します。

 

美容情報参考サイト⇒フェイシャルエステ京都口コミ.biz

 

プラセンタ注射の効果は1週間ぐらい持続しますから、毎週プラセンタ注射を打つ人もいます。
1回のプラセンタ注射で効果を実感する人も多いのですが、5回くらいで少し変化を感じるという人もいます。
本来は1週間に1回から2回注射するのが理想的です。
生理の1週間前を狙って毎月注射するという使い方も良いようです。
プラセンタの安全性が心配な人もいると思いますが、感染症がないことを確認された人プラセンタはとても安全です。

 

美容情報参考サイト⇒フェイシャルエステ横浜.biz

 

プラセンタ注射だけではなく、飲むプラセンタもなかなか評価が高いです。
お酒の前にウコンを飲むという人も多いですが、たくさんお酒を飲みそうな日の昼間にプラセンタを飲んでおけば、悪酔いすることもなく肌の調子も良好です。
冷房や安房のきいたところにいても肌が乾燥しませんし、生理前のニキビが収まったりもします。
肌の透明感を保っているのは、飲むプラセンタの効果が大きいですね。

 

 

プラセンタ注射の副作用を考える

 

 

プラセンタは人の胎盤エキスなので、B型肝炎やc型肝炎やHIVなどについてはきちんと調べられているので安心です。
ただ狂牛病を始めとする未知の感染症については調べられていません。
それなのでプラセンタ注射を受けたことがある人は献血をすることができなくなります。

 

美容情報参考サイト⇒脱毛サロン名古屋人気.net

ビタミン注射

ビタミン注射は、ビタミンCの抗酸化作用とビタミンB群により美白効果や肌のキメを整える、ニキビの改善などの効果を期待することができます。
ビタミンCは老化のもとになる活性酸素を除去するほか、コラーゲンの生成を促進する効果や美白効果、コレステロール値を下げる効果などもあります。
ビタミンB群には疲労回復を速めたり、ストレスを緩和する新陳代謝を促進する、貧血予防、腰痛や肩こりを緩和させるなどの効果もあります。

 

美容情報参考サイト⇒フェイシャルエステ東京ランキング.biz

 

より早く効果を出したい場合は、ビタミンとプラセンタ注射を行うのが良いようです。
ビタミンとプラセンタ注射は1週間に1回から2回行うのが理想的です。
早い人なら1回目の後から美白効果を感じますし、遅い人でも5回くらいで徐々に効果を感じ始めます。

 

ビタミンCの効果

 

@抗酸化作用によるアンチエイジング効果
Aメラニン生成の抑制効果による美白効果
Bコラーゲン生成を促進することで肌にハリを出してシワやタルミの改善効果
C免疫力を増強することでアトピー性皮膚炎やアレルギー性疾患、風邪、インフルエンザの改善効果
Dガンの予防効果と治療効果
E抗酸化作用による発毛効果
F慢性疲労の回復効果

高濃度ビタミンC点滴

ビタミンCの抗酸化作用によるアンチエイジングや美白を目的として、ビタミンCを点滴する人もいます。
高濃度ビタミンC点滴は癌の治療などにも使われています。

 

高濃度ビタミンC治療は、主たる治療法の補助的なものとして使われています。
従来の方法だけでは治らなかった人が、この治療法で余命が伸びたと言う症例もあるし、他の治療と併用することでより効果を高めたりすることができるようです。

 

美容情報参考サイト⇒フェイシャルエステ大阪ランキング.biz

 

アンチエイジングが目的なら1ヶ月に1、2回、癌の治療としてなら1週間に1、2回が適正が頻度となります。
これらの点滴は美白、美肌、慢性疲労、風邪の初期症状に効果的で、インフルエンザや発がんの抑制、発毛、うつ病の改善などいろいろな効果を持っています。
効果の持続も2週間程度はあるそうです。
1回あたり約2万円となかなか高い治療法ですが、それだけの効果が見込めます。

マイヤーズカクテル点滴

マイヤーズカクテル点滴は、30年以上前からアメリカで喘息や慢性疲労、うつ病に対して行っていたビタミンやミネラルの点滴治療方です。
点滴の内容は、マグネシウム、カルシウム、ビタミンC、ビタミンB群などで、全身の倦怠感、慢性疲労、喘息、アレルギー性鼻炎、生理不順などを改善する効果があります。
ぜんそくやうつ病の治療のためなら1〜2週間に1度、慢性疲労の改善であれば1ヶ月に1度くらいが効果的な頻度となります。

 

美容情報参考サイト⇒名古屋で全身脱毛.biz

血液クレンジング

美容のための注射や点滴はいろいろありますが、ダイエット点滴や血液オゾンクレンジングなどを行うクリニックもあります。
血液クレンジングは自分の血液を採取して、そこに適量のオゾンを添加して血管に戻すという方法です。
施術後にすぐに体の中から暖かくなる感じがしますし、アンチエイジング治療としてヨーロッパではメジャーな治療法です。

 

美容情報参考サイト⇒埼玉で全身脱毛.biz

 

パーキンソン病、各種ガン、高血圧、高脂血症、糖尿病などの改善腰痛や肩こり冷え性、慢性疲労、アトピー性皮膚炎肝炎などに効果があります。
吹き出物を改善したり、痩せやすい体質にする効果などもあって、美容的にも注目されています。